失敗しない情報発信局!株式投資で月収100万!
株式投資での見逃せない情報を毎日発信しています。お金がお金を生むのは超快感です!短期投資?デイトレード?なんでもおまかせください!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
短期は需給、長期はファンダメンタルズ
昨日の東京株式市場は一昨日と反対に指数好転、中身なしの内容でした。内容をみてみますと

TOPIX  1672.44(+ 13.41)△0.81%
日経平均  16363.59(+239.24)△1.48%
売買高概算  24億0107万株 売買代金概算  3兆2818億円
値上り銘柄数  867  値下り銘柄数  713

239円以上、日経平均が上昇したのは、半導体製造装置受注高が7~9月期に比べて17%増加と報じられたことを好感してアドバンテスト等の日経225の構成銘柄が値を飛ばした結果と考えられます・・・。
ところで株式投資の方法は、投資の期間に応じて長期と短期にわけられます。

長期投資の場合は色々な目的で株式を保有する場合が多いのが特徴です。

例えば、その目的としては、年金資金や投資信託のように、その資金自体が基本的に長期の資金で回転売買する必要がない長期の資産増殖を狙うもの。

また、配当や優待ねらいでキャピタルゲイン(株式売買益)が目的ではない投資。

その他、M&Aなどの株集め、バリュー株投資などがあげられます。

狙いはどうであれ、保有銘柄の企業の内容は重要で、業績不振の銘柄は敬遠しなければなりません。

そこで長期投資に大切なのは、企業の「ファンダメンタルズ」です。

なぜなら、長期の株価は、短期的な上下はあっても企業のファンダメンタルズに比例するからです。

好ファンダメンタルズの銘柄を仕込むのが長期投資の定石です。

しかし、短期投資はファンダメンタルズよりむしろ需給(買い玉と売り玉の数)で株価が動きます。

短期投資ではこの需給を最優先して分析し投資します。

その他、短期波動を利用して回転売買を繰り返しても面白いです。研究してみてください。

---------------------------------

自分の投資スタイルは短期だ!
こんなあなたにお勧めです。
  ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

これから「稼ぐ投資家」を目指すなら
先ずはここから勉強してください!
   ↓↓
稼ぐ株式投資 最初の一歩
スポンサーサイト

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 失敗しない情報発信局!株式投資で月収100万! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.