失敗しない情報発信局!株式投資で月収100万!
株式投資での見逃せない情報を毎日発信しています。お金がお金を生むのは超快感です!短期投資?デイトレード?なんでもおまかせください!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小泉首相が靖国神社参拝!株式相場への影響は?
小泉首相の靖国参拝で日中外相会談取りやめ!
日韓関係にも影響がでることは必至!このままですと「政冷経熱」どころか、中国進出の日系企業にも「反日デモ」以来の悪影響が出るのでしょうか?
今後の株式市場への影響は・・・
株式市場に影響を及ぼす事件がおきる度に、株価というものは本当に「先見の明」があると感じるのは私だけでしょうか?

前回の「反日デモ」の時も、今回の小泉首相の靖国参拝も「中国関連株」はもう既に短期の調整に入っていました。

「中国関連」の中心銘柄は、「鉄鋼株」ですがその中でもリーディング・カンパニーの「5401の新日鉄」のチャートをご覧になれば、直ぐに理解できるとおもいます。

9月29日457円を高値に10月11日の再度の高値挑戦で9月29日の高値を抜けずに下げた時点で完全に「調整確認」ができていました。

新日鉄は、25日移動平均線を終値ベースで下回ってはおりませんが、「中型鉄鋼株」には下回りはじめている銘柄が見受けられます。

例えば「5407日新鋼」「5408中山鋼」「5410合同鉄」etc.はその良い例です。

もし、本命が25日移動平均線を割ってきたら多少調整が長引くものと考えられます。

海運株も同様な動きになっていますね。
しかし、今日の「不動産」「倉庫」等の大幅高はまだまだ相場は終わっていないことを物語っています。

15年前の「バブル」の時も同様の動きがありました。

果たして、日経平均やTOPIXの三角持合は、抵抗線を上に抜けるのでしょうか、それとも下値支持線を下に抜けるのでしょうか、

今週はこれからの株式相場を占う一週間となりそうですね!

【 株式投資に関する無料レポート配布中 】

■これらレポートを読む前の株式投資は危険です!

株式投資【虎の巻】

デイトレードで大火傷・・・その前に必読です。
スポンサーサイト

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 失敗しない情報発信局!株式投資で月収100万! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.