失敗しない情報発信局!株式投資で月収100万!
株式投資での見逃せない情報を毎日発信しています。お金がお金を生むのは超快感です!短期投資?デイトレード?なんでもおまかせください!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
急騰パターン(Ⅴ)シグナルを見落とさないで!!
株は急騰する前に、何らかのシグナルを発信しているものです。

陸上競技のハイジャンプでも助走をつけて高く飛び上がりますが、急騰する株も助走(シグナル)をしてから大きく飛び上がるものです。

しかし、よ~く注意を払って見ていないと見落としてしまいます。どこへ注意を払えばよいのでしょう・・・。
例によって、最近の値動きで急騰前の顕著なシグナルを見てとれる「6703の沖電気」を例にとって理解を深めて見ましょう。

チャートブックをご用意できない方は、いつものとおりヤフーのファイナンスから入り「6703」のコードナンバーを入力して「沖電気」の日足チャートをご覧下さい。

6月30日に6月23日につけた高値「392円」を一文抜けずに下げに転じてから8月8日と19日に345円の安値をつけて「ダブル底」形成、反転して上昇トレンド入りしています。ここで、過去に当ブログでご紹介した事を、復習してください。

一つは、6月23日と30日は「ダブル天井」で「鬼より怖い」でしたね!事実、8月8日まで50円弱下げています。

ところが、今度は8月8日と19日に「ダブル底」形成で「底」確認ができました。

これは、以前の復習です。ここで直ぐに買いに入ってはいけません。先ほどお話した「ハイジャンプ」の助走は次になります。

そこでチャートを確認してください。8月19日の底をつけた後、一度8月26日に25日移動平均線を終値で上回ってから再度押し目をつくっています。

しかし、今度は9月8日の「押し目底」は346円で一文上で止まっております。いま説明しました2点が「助走」(シグナル)になります。

(1)終わり値が一時的に25日移動平均を抜いて上回って、押し目をつくった銘柄
(2)押し目の底が、前の下げの安値を下回らないで反騰に転じた銘柄

という2点を注意しましょう。
願わくば、出来高が以前よりも多ければそれにこしたことはありません。
いかがですか、早速、投資の参考にしてみてください。

超短期投資分析表作成マニュアル

稼ぐデイトレテクニカルマニュアル
スポンサーサイト

テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 失敗しない情報発信局!株式投資で月収100万! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.